医師としての年収を上げる方法について

医師といえば気になることが年収です。平均で1000万円なんて言われていますがその中身には大きな開きがあります。研修医の年収はどこでも300万円くらいなのに対して、開業医は3000万円といわれています。医師の中で本当に稼げている人は一握りで、通常の大学病院で働いている医師は700万円くらいです。そのため年収に満足できない医師は転職を考える人も多く、研修医から市中病院で働けるようになりたいと希望する人も多いようです。

求人情報には限りがあり、全員が自分の希望する病院で働けるというわけではありません。年収の低い病院での勤務になってしまう人もいます。そんな人でもアルバイトをうまく使えば稼いでいくことができます。医師のアルバイトは非常に自給が高いためちょっとした空き時間に別の外来で仕事をするなんてだけでもかなり稼ぐことができます。医師の求人にはアルバイト専門もあるので調べてみるといいですよ。

地方では医師不足が問題になっています。そのため地方病院のほうが都心に比べて給料や待遇がいいというケースがあり、医師として働く環境が整っていることがあります。あえて地方への転職を考えてみるのも給料を上げるための一つの手段となります。

9月 24, 2014 at 12:00 am | メディカル | | No comment

医師として就職するならスキルが大事

医師として働くために就職活動を行ったり、転職活動を始めたりするときには自分にはどういったスキルが合って、今後どういったスキルを身に付けて行きたいのかということが大事になります。内視鏡のスキルを持っていると消化器系の検査ができるためそれだけで就職の可能性が広がっていきます。他にも放射線技師の資格はレントゲン撮影に必要になります。他にも役立つスキルや資格は沢山あるので一度自分の持っていいるスキルを整理してみるといいでしょう。

医師としての求人情報はインターネットの専門サイトを探してみると色々と見つかります。全国どこにでも勤務可能なんて人なら選択肢の広さは日本中になります。全国規模で求人を行っているサイトに登録して様々なサポートを受けてみると就職も比較的簡単になります。ただやみくもに求人情報を探してみるよりも自分の医師としての今後の方向性等を考えて新しい職場を探してみましょう。

就職は地方と都心でも大きく変わります。給料が違ってくるし、時間のあまり方も違います。地方の方が給料に恵まれているといわれていて、家族とプラーベートな時間をもっと増やしていきたい人は地方の医師を目指してい見るなんて方法もありますよ。

9月 21, 2014 at 12:00 am | メディカル | | No comment